LoadingLoading

助成制度

金沢の食文化推進事業補助制度について

金沢の食文化推進事業補助制度

概要

民間の知恵と行動力によって、金沢の食文化の継承及び振興を図るため、団体等のアイディアから生み出されたプロジェクト企画を募集し、その取り組みを支援します。

対象事業
  1. 金沢の食文化・食産業の新たな魅力や価値を生み出す取り組み
  2. 金沢の食文化の魅力を国内外に発信する取り組み
  3. 金沢の食文化の継承、人材の育成に資する取り組み

※補助金交付決定の日から平成31年3月31日までに完了する事業が対象

※採択事業では、金沢の食文化の継承・振興のためのシンボルマークをご活用いただいております。

支援内容

対象経費の1/2以内(限度額30万円以内)の補助金交付

区分経費
対象経費 講師等の謝礼・旅費、印刷製本費、通信運搬費、委託料、借上料(会場等)、
消耗品費等のプロジェクト企画の目的を達成するために有効な直接経費
対象外経費 懇親会等の飲食費、人件費・光熱水費等の経常的経費、備品購入費等
応募資格

次に掲げるすべての条件に該当する団体が対象

  • 金沢市内に事務所等を設置している
  • 団体の定款、規約等を有している
  • 応募事業を着実に実施できる事務及び組織体制がある

※実施事業が本市の他の補助制度による補助金その他これに準ずるものの交付を受けた団体等に対しては、交付しない

採択基準
  • 金沢の食文化の魅力を広く発信でき、市民の気運を盛り上げることができること
  • 独創性や金沢の食文化への思いが感じられること
  • 他の団体等に影響を与え、事業の広がりが期待できること
  • 応募団体が着実に事業を実施できること
  • 政治、宗教、選挙活動を目的とするものや公共の福祉に反するものは除く
支援の流れ
  • 01金沢の食文化推進事業補助金の申請書の提出
  • 02審査
  • 03市から採択の通知
  • 04補助金交付申請書提出
  • 05補助金交付決定の通知
  • 06事業実施
  • 07補助事業実績報告書
  • 08補助金額請求
  • 09支払い

 

詳しくはこちらまで

 

料理人等海外派遣・受入支援事業

概要

金沢の食文化の魅力を海外に発信し、世界に通用する料理人を育成するとともに世界の料理人との相互交流を生み出すため、海外派遣及び国内受入に要する経費を支援し、本市食文化の継承及び振興を図ります。

対象者の要件等

  次の各事業に定める要件のすべてに該当する者であること。

(1)派遣事業

  1.金沢市内に居住し、かつ市内にて勤務している料理人、菓子職人、バーテンダー等

   (以下、料理人等)であること。

  2.金沢の食文化推進委員会の構成団体より推薦を受けており、海外での受入団体もしく

    は受入店が確保されていること。

  3.技術・技能習得に意欲的であること。

  4.本市の歴史や文化について見識があること。

  5.平成30年4月1日時点で20歳に達している者。

  6.実施事業が本市の他の補助制度による補助金その他これに準ずるものの交付を

    受けていないこと。

(2)受入事業

  1.海外から市内での研修のため入国する外国籍の料理人等を受入れる体制が

    整っていること。

  2.金沢の食文化推進委員会構成団体に所属し、市内に店舗があること。

  3.技術・技能の伝承に意欲的であること。

  4.料理人等の帰国に際し、本市食文化の情報発信に貢献できること。

  5.実施事業が本市の他の補助制度による補助金その他これに準ずるものの交付を

    受けていないこと。

支援対象となる活動

海外で行う下記の活動(1、2の両方が必要です)

  1. 技術・技能習得のための活動
  2. 講演会や技術披露等を通じて行う金沢の食文化の普及活動

※派遣後は、本市に対し報告書を提出していただくとともに、推薦団体等にて活動内容の報告をしていただきます。

支援内容

・対象経費の1/2以内(限度額10万円以内)の補助金交付
(対象経費:渡航費、滞在にかかる宿泊費・交通費、研修にかかる講師謝礼金・会場借上料の実費相当分)

申込書等様式